伊丹市,ダンボール

兵庫県 伊丹市で段ボールケースの製造・販売をメインに包装資材・梱包機器・印刷トムソン紙器などの販売をしている神崎カートン株式会社です。段ボール商品はもちろん、梱包に関するご相談にも、対応させていいただいております。

BLOG

プラスチックストローはなくならない?

投稿日:2018年10月8日 更新日:

こんにちは!
神崎カートンの浦田です!
前回の続きです!

「プラ製ストローの廃止を始めたのは一部の外資系企業だけで、国内メーカーから”取引をやめたい”などの連絡はほとんど来ていません。今後も多くは来ないだろう」という…。

同社にその根拠を聞いたところ、国内でプラ製ストローの廃止が進まない最大の理由は”代替品として期待されている紙製ストローに多くの課題があるから”と言います(><)

その課題は…
・コストの高さ
・耐久性の低さ
・粉の出やすさ

です!

批判的な意見として…
・紙製ストローは、製造コストがプラ製の4~10倍かかるため、比例して価格も高く、導入企業の原価を圧迫するだろう
・強度にも問題があり、20~30分間水分に浸しておくとふやけ、飲んでいる最中に飲料が外に飛び出す危険性もある
・トイレットペーパーの芯などと同様、原紙を巻いて製造している特性上紙の粉なども生じやすく、粉が中身に溶け出して品質が悪くなることも考えられる

などの意見がありました!
今後は外資系企業を中心に、紙製ストローに切り替えたものの、もしかしたら問題が生じてプラ製ストローに戻す企業が出てくる可能性もあるかもしれませんね( ̄^ ̄)

-BLOG

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ピアノでのご近所問題

こんにちは! 神崎カートンの浦田です! 「楽器可」「楽器相談」といった集合住宅ありますよね?? それはすべての物件が部屋にバッチリ防音対策がされていて、”いつでもどこでも弾き放題&#822 …

人生とは決断の連続2

こんにちは! 神崎カートンの浦田です! 前回の続きです! その時は正解だと思っても、流れが変わると 1.今まで通り突き進む 2.違う方向へ転換する という決断をしなければなりません。 その次にまた取捨 …

個性を尊重する2

こんにちは! 神崎カートンの浦田です! 前回の続きです! “個性を生かした教育を重視する”がモットーの教育ですから、まさに個性的な人間が多い世代、ということになります(^ ^) …

人を和ませる親和力3

こんにちは! 神崎カートンの浦田です! 前回の続きです! 子どもは大人ほどのクヨクヨした気持ちがありません。 良い意味でも悪い意味でも、人生を謳歌していて、喜びも悲しみも豪快です( ̄^ ̄) これもまた …

平和的解決を目指す

こんにちは! 神崎カートンの浦田です! 感情が高ぶるととにかく攻撃的になりやすいものです! 平和的解決を望むのなら常に平常心を保てなければなりません。 争いになると結果勝敗は着くが、どちらも傷付き必ず …